奇跡が起こる岩窟(慈眼寺 穴禅定修行)


慈眼寺(じげんじ)は徳島県勝浦郡上勝町に所在する高野山真言宗の寺院。山号は月頂山。
詳しくは、月頂山 宝珠院 慈眼寺と号する。本尊は十一面観音菩薩。別名「穴禅定の寺」。
四国八十八箇所霊場第二十番札所鶴林寺の奥の院、四国別格二十霊場三番札所。

延暦年間(西暦782年~805年)、桓武天皇の御代。
弘法大師が19才のとき、末代衆生(あらゆる人々)の生活苦、
病苦など一切の苦厄(四苦八苦)を除くため当地をご巡錫しておられました。

大師様は、深山霊谷のそのまた奥に霊気漂う不思議な鍾乳洞を発見し(穴禅定)、
邪気祓いのため洞窟の入り口で護摩祈祷の修行をなさいました。

その結願も近いある日、洞窟内に巣くっていた悪い龍が忽然として現れ出て、
お大師様めがけて猛然と襲いかかりました。お大師様は、慌てずひるまず秘密真言を唱えうち、
その法力をもって悪龍を洞窟の奥に封じ込め、21日間の加持をして、さらに霊木に一刀三礼して十一面観音様を刻み、
霊験あらたかな行場としてその秘法を末代の修行者のために残されたのです。

穴禅定(あなぜんじょう)修行とは
お大師様(弘法大師空海)御修行の鍾乳洞を、ローソクの明かりだけで穴禅定先達に案内され、
とても狭い穴を通り抜けていく修行です。

穴の通り抜けには穴禅定先達が一名付き添って、ありがたい由来や伝承、そして難所の抜け方を指導して案内してくれるんです。

ちなみに穴禅定は閉所恐怖症、または肥満体型の方は潜り抜けは難しいです。
(境内と岩窟現地で潜り抜け可能かチェックできます)また体験できる期間が限定されてまして、
3月から11月の間しか修行(体験)できません。

(修行体験)

1回目、平成27年9月27日

2回目、平成29年9月10日


四国八十八所霊場、第28番札所「大日寺」~


四国に御朱印の旅!
9月23日~24日のお遍路は、四国八十八所霊場「第28番・大日寺」から「第44番・大寶寺」、四国二十別格霊場「第5番・大善寺」から 「第8番・十夜ヶ橋」を巡礼しました。
10月3日1:00自宅を車で出発、名神高速道路の関ヶ原ICから高知自動車道を利用して、 6:30「第28番・大日寺」到着、7:00まで納経所で待ち巡礼を始めます。
7:30「第29番・国分寺」、8:15「第30番・善楽寺」、9:10「第31番・竹林寺」、9:45「第32番・禅師峰寺」、 10:20「第33番・雪蹊寺」、11:10「第34番・種間寺」、11:50「第35番・清滝寺」、12:40「第36番・清龍寺」、 13:45「別格第5番・大善寺」、14:40「第37番・岩本寺」、16:50「第38番・金剛福寺」ギリギリで予定通りです。
今日の巡礼は、こちらで終わりです。
足摺テルメに17:30チエックイン。
5:00足摺テルメをチエックアウト。
7:15「第39番・延光寺」到着、7:00まで納経所で待ち巡礼を始めます。
7:50「第40番・観自在寺」、9:10「別格第6番・龍光寺」、10:00「第41番・龍光寺」、 10:30「第42番・仏木寺」、11:20「第43番・明石寺」、13:00「別格第7番・出石寺」、 14:30「別格第8番・十夜ヶ橋」に到着、こちらで数珠の親珠(1,000円)を購入しました。
16:10「第44番・大寶寺」、今回のお遍路はこちらで終わりにします、移動距離が長く山道で難所が多い巡礼でした。
名神高速道路の関ヶ原ICまで利用して23:00無事帰宅しました。